• 横浜の釣り具屋さん.com では大物用の竿
    リール(アリゲーターロッド)や釣糸、仕掛けなど
    はもちろん、海外からの輸入釣り具も取り扱っております。
    沖釣り・船釣りを得意とする大物釣り用専門の釣具店。

カツオキハダ

カツオ・キハダ釣り特集

カツオ・キハダ釣り特集

カツオ・キハダ釣り特集
カツオ・キハダ釣りの特徴
毎年、夏から初秋にかけて釣れるカツオ/キハダは引きが強く、群れに当たると大釣りもあるので、人気の高いターゲットです。
近海の日帰りで釣れる魚の中で、最も大型が釣れる可能性のある対象魚でもあります。
年によって、平均サイズはマチマチですが、小型で1.5kgぐらいから。
3kg~5kgが一番楽しめる大きさだと思いますが10kg超~30kgクラスが掛かる場合もあり、やりがいのある釣りものです。
群れている魚ですので、釣れる時間と釣れない時間の差がこれ程ハッキリする魚もいないでしょう。
釣れだした時の、お祭り騒ぎはこの釣り一番の醍醐味です。
釣り方には、コマセ釣りとフカセ釣りの釣り方があります。
他にも、一本釣り、ルアーなどがありますが、今回は特にコマセ釣りとフカセ釣りに注目してみます。
カツオ・キハダ釣りのおすすめのリール
基本的に深い場所に居る魚ではないので、手巻きリールでも問題ありません。
しかし、引きの強い魚を相手にするので、必要とされる糸が巻けるだけのラインキャパシティーと高性能なドラグ、リール剛性が求められます。
それは電動リール、手巻きリールにおいても同様な要素です。
掛かってからは、モタモタしていると、他の人とオマツリしたり、サメなどに喰われたりとトラブルの原因となるので
そこそこの巻くスピードと、トルクがあるリールで、ハンドルもしっかりと握れるタイプを装備したものが望ましいでしょう。
特に大型になればなる程、リールの能力が大きく影響しますので、後悔しない様に選びたいものです。
カツオ・キハダ釣りのおすすめの竿
引きが強く、短時間に爆釣する事がある対象魚の為、柔らかく長い竿は不向きです。
群れに当たった時に集中して効率よく釣るのが釣果のポイントです。
硬すぎる竿も糸と釣人に負担が掛かり、糸切れ、破損の心配もあり、お勧めしません。
理想は、ワンピースタイプのショートロッドで、長さ1.8m~2.4m程の7:3から6:4調子の胴のしっかり残る竿が望ましいでしょう。
毎年、竿を折ってしまう話を聞くので、そうならない為にも基準を満たす強度が求められます。
価格の手頃な竿も出てきたので予算に応じて選択する事が出来ます。

通販ページはコチラ