• 横浜の釣り具屋さん.com では大物用の竿
    リール(アリゲーターロッド)や釣糸、仕掛けなど
    はもちろん、海外からの輸入釣り具も取り扱っております。
    沖釣り・船釣りを得意とする大物釣り用専門の釣具店。

キンメ・深場

キンメ・深場釣り特集

キンメ・深場釣り特集

キンメ・深場釣り特集
キンメ・深場釣りの特徴
手軽な釣りとは対極にある深海のキンメ、アコウ(メヌケ)釣りですが、船釣りの究極のジャンルの一つとして根強い人気があります。
魚好きな日本人にとって憧れの魚、ましてやアコウに至っては近所の鮮魚売り場などではほとんど見かける事が無い魚です。
釣って食べたいという単純明快な動機がこの釣りの原動力ですが、針数の多い釣りなので多点掛けの醍醐味も魅力。
アコウは水面近くになると浮き袋が膨らみ提灯行列と呼ばれるように水面に赤い魚体が浮かびあがる
クライマックスがあります。
道具を一式揃えようとするとかなりの出費になり、船代も一般の釣りものより高いので敷居が高いのは厳然たる事実です。
船釣り歴が長いという人でも上記の理由からこの釣りは未経験の人も多いことでしょう。
それでも、この釣りが廃れないのは誰をも魅了する高級魚の釣りたてが味わえるという釣り人の特権に尽きます。
鮮度の良い脂ののったキンメ、アコウのその味わいは数ある魚の中でも最上級レベル。
その魚が、良い時にあたればクーラーいっぱいに釣れる事も夢ではありません。
中深場の釣りよりもさらに深い水深を攻めるので魚の平均サイズも当たれば数も大きくなります。
外道で釣れる奇妙な姿のゲスト達も美味な魚ばかりです。
キンメ・深場釣りのおすすめのリール
手巻きが不可能というわけではありませんが、ほとんどは大型電動リールとなります。電動リールの中でも
この大きさはミヤマエの独壇場です。
12号のPEラインが1000M以上巻ける大きさは欲しいところです。普通の電動リールと比べ高額になり
新品だと10万以下のものはありません。
以前はミヤマエの8番がありましたが現行モデルは9番以上から。この釣りで最も出費がかさむ部分です。
状態がよければ中古という手もありますが、保証書もなく、中古とは言えそれなりの値段を取られる事を考え
ると思い切って新品を購入した方が良いと思います。
リールへの依存度が高いこの釣りで一番重要な道具と言えます。竿と比較して選択範囲が狭い道具です。
キンメ・深場釣りのおすすめの竿
400号以上のオモリを下げられ、深海からの当たりも捉えられる穂先とオモリが根掛かりしてもステ糸を
置いたまま切れるバットの強さを併せ持つ竿が理想です。
素材は高負荷が掛かる釣りゆえに、折れにくい粘り強さが必要となるのでグラス系がほとんどです。
空洞のあるチューブラーと芯のあるソリッドがあります。
リールに比べ、価格の選択範囲が広く、お手頃でも充分使える竿が増えました。
1kgの魚が10本掛かれば、単純計算しても10kgの重さプラス水圧に耐えなければ
ならないので、ワンピースモデルが中心です。バットは外れるようになっているものも多く見受けられます。
置き竿での釣りなのでグリップは邪魔にならないよう船べりからの出っ張りが少ない
ショートグリップなのも特徴です。
リールが大型で重量があり、強い負荷がかかるのでアルミ製グリップが安心ですが
完全ワンピースであれば、カーボングリップでもOKです。
長さは2M前後が中心でオモリの着底がわかりやすい先調子でしかも魚が掛かったシグナルを
竿先の動きで伝えてくれる目感度が求めれれます。
一昔前は硬いだけの太い竿もありましたが、近年は穂先の柔軟さが適度にあるものでバットは
しっかり残るものが主流です。

通販ページはコチラ